今日も要人発言多数、ドル円はじり高か

昨日は、材料が乏しく方向感のない値動きでした。 ロンドン時間まではドル買い優勢でしたが、アメリカ時間に入ると10年債の利回りが低下し売られる原因となりました。 ユーロも強くユーロ円は新たに高値更新しています。 今週は要人発言や重要指標、イエレン…

ユーロドルは売りシグナルか、今週はイエレンさんの議会証言

先週金曜日の雇用統計は+22.2万と予想を上回ったことでドル買いで反応しました。 失業率は4.4%で予想(4.3)より悪い結果、賃金も前月比+0.2%と予想(+0.3%)よりも低い数字でしたが、徐々に雇用増加が良い結果であるとの認識が広がり、ドル円も徐々に上げ…

本日は雇用統計、焦らない

昨日ドル円は、ADP全国雇用者数や5月貿易収支もさえず、序盤売り優勢の展開で一時129円を割り込場面もありました。しかし、米6月ISM製造業景況指数が57.4と予想(56.5)を上回り113.40円までトントンと買われました。 ユーロは、独の10年債利回りが1年半振りの…

雇用統計前哨戦、動いてくるのは明日からか

昨日はドル円ユーロドルともに上下はするものの始値と変わらない動きでした。 NYダウは小幅にマイナス、ナスダックは+0.67%でした。 NY市場の後場の方にFOMC議事録が公表されましたが、早期利上げはとハト派な意見派と思ったよりも別れる結果でした。イエ…

ドル円高値更新なるか。

昨日は独立記念日で米市場はお休みでした。全体的に動きが小幅の中、北朝鮮のミサイル以外は目立った材料はありませんでした。 本日はFOMC議事録が公表されますが先月の内容の確認なのでサプライズの可能性は低いです。ドル円は今週末に雇用統計を控え、月曜…

独立記念日にICBM トランプ大統領の発言はこれからか。

本日はミサイル発射重大発表との報道をうけて、堅調だった日経平均はマイナスで引けています。 昨日は欧州時間からドルが買われ、ISM米製造業景況指数が予想(55.2)よりも結果(57.8)が良かったことも好感されて値を一層上げて一時113.40付近まで上げました…

今週は雇用統計発表、その他重要指標も!慌てずあせらずとりひき♪

先週のドル円は底堅い動きで112.80まで一時上げました。10年債利回りが5月17日以来の2.3%台まで浮上したことが支えになりました。 指標では、米個人所得、米個人支出はほぼ予想通りでしたが、シカゴ購買協会景気指数が65.7と予想(58)を上回っています。本日…

本日もインフレ関連指標あり

昨日は、ユーロ、ポンド、カナダドルがいずれも買われる展開。対して、米株価やドルは売られる展開でした。 米指標ですが、GDP確定値や個人消費は予想よりも良いまずまずといった結果でしたが、失業率申請件数が予想よりも悪い結果となりました。 ダウは一時…

加、英、欧 ⇈・・・日銀TT

昨日はBOEカニー総裁の利上げ示唆発言でポンドが買われています。円全面安に加え、ユーロも引き続きも買われていました。米株は3指数そろって上昇。ナスダックは1.43%上げています。 ポンド円ですが、昨日で2円近く”ポンッ”と上げています。カーニー総裁が…

ドラギ総裁が引き締めに舵きり?ユーロドルは10カ月の高値更新

昨日はユーロ通貨が大きく買われました。ドラギ総裁が大規模緩和を微調整することを示唆したことで、近い将来ECBが金融引き締めに方向転換するとの観測が主な要因です。 ユーロドルは1.1300を突破し、10カ月振りの高値をつけました。ユーロ円は127.40まで上…

本日は中央銀行総裁(ECB,BOE,FRB)講演 方向感出ること期待!

昨日発表された5月の米耐久財受注は市場予想の-0.6%よりも悪く-1.1%と2カ月連続のマイナスです。コア資本財受注は予想(0.4%)を下回り0.2%増でした。 この低調な指標を受けてドル円は一旦下落する場面もありましたが、その後は買われて、NY時間の終わり頃…

渋滞にハマるドル円、原因は・・

久しぶりの更新になりました。 先週一週間のドル円の値幅が今年最低で、ほとんど動かない相場になりました。こうも動かないと利益を出しづらくなるので、【休むも相場】取引は一旦お休みをしていました。 これだけ動かないと、値幅を短期で取りに行ったり、…

強気のFRBに構える市場、その中でNYダウとS&P500史上最高値更新

昨日の米株は3指数そろって高く引けました。NYダウとS&P500は先週の金曜日に引き続き最高値更新しています。このところ軟調だったハイテク株に買いが入り、株価を押し上げました。 為替に関してですが、ドル円は週明け111円丁度付近から欧州時間から上げ始め…

「ヒンデンブルグ・オーメン」は凶兆?ロンドン時間に入りユーロ高、株高

昨日の米株はNYダウなど3指数ともにマイナスで引けています。ハイテク株(アップル、グーグル、フェイスブックなど)を中心に売られました。新型スマホのスペックが期待されたほどではないアップルが急落したことが原因です。 市場関係者のあいだではヒンデン…

3大イベント通過、英総選挙は保守党過半数割れでポンド急落

昨日のECB政策金利は据え置きとなっています。事前予測にもあったようにインフレ予測が下方修正と、内容が弱かったことからユーロ安となりました。ドラギ総裁は会見で原油のせいだといっていましたが、マーケットではなかなかインフレが上がってこないと受け…

どうなる?コミー前FRB議長の議会証言、英総選挙、ドラギ総裁会見、イベント多数

昨日は原油が大きく売られました。EIA週間原油在庫統計で発表された、原油在庫、ガソリン在庫が大幅に増加したことが売り材料となりました。約5%近く下落しましたが、株価や為替にはそれほど影響はありませんでした。 ドル円はポジション調整などもあり109…

一寸先は闇、市場は木曜日の警戒感から様子見ムード

市場ではリスク回避ムードが続いています。昨日のNYダウは47ドル安で引けています。8日に控えているコミー前FBI長官の議会証言や英総選挙、テロリズム等心理的不安要素が多いようです。昨日、原油は買われていたのでエネルギー関連株は上げているようです。 …

サウジ中東5か国、カタールに国交断絶。ドル円上値重く全体的にリスク回避相場

昨日発表された指標、米製造業受注は前月比変わらず、米ISM製造業景況指数は56.9(予想57.1)と予想よりも悪い結果でしたがドル安は限定的でした。ドル円は朝方まで110.5付近であまり動かない展開でした。 本日の日本時間に入ってからドル円は大きく下げていま…

今週も重要イベント多数。ダウなど最高値更新

先週金曜日発表の米非農業者部門雇用者数は予想18.2万人を下回り、結果13.8万人増。この結果を受けて、ドル円は111円ミドルから1円近く下落しました。事前のADPの結果が良かった為、期待が高かった分売られた恰好となりました。失業率は予想4.4%→結果4.3%…

本日、米雇用統計の発表

昨日の米株、主要3指数が過去最高高値を付けました。本日の日経平均も2万円に乗せています。 米関連の指標ですが、ADP全国雇用者数は予想値の18万人を大きく上回って、25.3万人増となりました。ISM製造業景況指数も結果54.9(予想54.8)でドルが買われました。…

米指標はまずまず、今のところ6月利上げのを止める材料なし。

昨日のNYダウは原油が下がった影響からエネルギー関連株が売られて50ドル安で引けています。昨日の指標では米消費者信頼感指数が117.9と予想(119.5)を下回りました。雇用関連では、就職困難に関する指数が18.2と、前月の19.4から低下していることか…

ドル円はボラティリティの上昇を期待

昨日、米と英は休場でした。ドルは若干弱く111円を何度も下回って動いています。今夜から米の指標も出てくるので、なるだけ動いてくれることを期待します。 ユーロは弱い動きとなっていました。ギリシャが7月の債券見送りを検討しているとの報道、イタリアが…

本日NY市場、ロンドン市場はお休み 様子見ムード

本日NY市場、ロンドン市場はお休みです。ドル円は110円前半をウロウロしており値幅は限定的です。今週末には、雇用統計が控えていて週の中頃から動いてきそうです。市場では6月のFOMCの利上げは相当織り込まれているようですが、直近の指標があまりに悪いと…

昨日NYダウ6日続伸、原油は急落

米株はとても強い地合いが続いています。S&Pは史上最高値を更新。原油の急落にも負けていません。昨日行われたOPECの総会では、減産措置を9カ月の延長に合意しましたがWTI原油は5%近く下落しました。市場の考える予想以上の結果ではなかった為、期待で買わ…

FOMC議事録の内容はハト派、本日もダウは続伸か

ダウは昨日もプラスで終えてこれで、5日連続続伸となかなか強いです。昨日発表の米中古住宅販売件数は結果557万件(予想565万件)と予想以上に悪い結果でした。 FOMCの議事要旨でも「経済指標の弱含みが一時的とするだけの証拠が得られるまで利上げは待つべき…

米6月の利上げ見通しはどうなる?市場の見方は?

昨日トランプ政権は予算教書を議会に提出しました。内容は楽観的過ぎるとの意見もありますが、一応数字が出されたことを受けて米株は4日続伸しています。米金利も上がりドルが買われました。 米メディアでは連日、ロシアとの疑惑を巡る報道がされていますが…

独メルケル首相「ユーロは弱すぎる」発言→ユーロ高

昨日発表の米予算教書の内容で目立った材料はありませんでした。前回の発表通り、国防費を1割増額する代わりにその他から費用を捻出する予定。社会保障などの低所得者向けの医療制度の支出削減などについては議会と激しく対立しているようです。 昨日のダウ…

ドル円上値重い、ロシアゲート北朝鮮ミサイル発射が影響か

日経平均は+87円高で取引を終えています。21日に北朝鮮がミサイル発射実験を行いましたが、市場の反応はほとんどありませんでした。もう慣れてしまったのか、”あ、またか”という印象です。 先週にトランプ大統領の弾劾ですとか、ロシアゲートと言われていま…

元々2回やるつもりだった?ボクシング村田選手判定負け

見ていた方は特に、結果にがっかりした人も多いと思います。それは、負けたからではなく判定結果に残念って意味です。ニュースなどでは「不可解な判定負け」などと書かれていますが、試合を見ていた多くの人は村田選手が勝ちを予想していたと思います。 実際…

今週はトランプ大統領のロシア疑惑でドルが2%近く下落しました。6月の利上げ観測が後退しておりドル円は上値が重い展開です。来週も地区連銀総裁の講演の予定があり発言内容は要チェックです。 相変わらず、北朝鮮はミサイルを打ち上げ核実験を示唆している…

昨日のダウ、本日の平均ともにプラス圏で終える。トランプリスク一時後退

・フィラデルフィア連銀景況指数は38.8(予想18.5) ・新規失業保険申請件数は23.2万件(予想24万件) トランプ大統領のロシアとの癒着の件ですが、昨日米司法省がモラー元FBI長官を任命しました。これを受けて、市場は一旦落ち着きドルが買い戻されVIX指数も前…

ユーロ円は大暴落、ドル円は110円台突破

つい2週間前までは1993年来の歴史的な低水準であったVIX指数も今や50%近く上昇して先月の米のシリア攻撃の水準まで高騰しています。ニュースではトランプ弾劾などといわれていますが、アメリカ議会では上院、下院とも共和党が過半数を占めており弾劾の際の…

ダウともにドルが暴落。トランプ大統領が弾劾の可能性で危うし

昨日のNYダウは前日比-372ドル安。ドル円は最高110.574をつけて約1円下落しました。トランプ大統領の疑惑問題に対する政治不安からリスクオフ一色の相場になりました。主な原因はトランプ大統領。大統領選挙の際のロシアとの連携疑惑を司法省がのり出しFBIの…

2017年5月17日 ユーロリスク低下で方向感出る

現在ユーロドルは1.1082で昨日と比べると約1%上昇。今週に入ってからは約2%上昇している。先週、ルペン氏を破りマクロン氏が仏大統領選に勝利したことや、北朝鮮問題が落ち着いたこと、サウジアラビアとロシアの減産延長合意による原油買いが引き金となっ…